美白サプリ人気ランキング2015

MENU

美白サプリとは?

 

肌を白くするなら王道は美白サプリか

 

日本人は何かと色白志向の強いもので、流行の移り変わりはあるにせよなんだかんだいって毎回最終的には美白ブームに戻ってきている感があります。そうすると面白くないのは元々色黒の方ですよね。日焼けによって肌が黒くなることは日焼け対策でどうとでもなりますが、元々地黒な方はその状態がその人にとって正常であるため、いくらUVケアをしても元々の色以上に自然に白くなることはありません。

 

もちろんそれはそれで肌の状態が整っていれば、色が黒めなことも健康的なイメージもあり悪いことばかりではありません。しかし白い肌を目指したいなら、美白サプリで肌の色を元より白くすることもできます。

 

美白サプリの作用機序は肌のメラニン色素を減らすことで色素沈着を解消しています。そして地黒な方の肌はそうでない方の肌よりもメラニン色素が全体的に多めであるため、美白サプリのメラニン色素除去作用がそのまま有効なのです。

 

もちろん、地黒な方はメラニン色素の作られ方自体が普通の方よりも多めであるため、美白サプリを定期的に使っていないと元に戻ってしまいます。しかし、普段の基礎化粧品に美白効果のある化粧品を取り入れ、毎日使い続けていくことで肌の色をワントーン上げた状態を維持することは難しくありません。

 

あとは色白の方と同じように、UVケアはしっかりする必要があります。肌の色が明るくなるということはシミなどのトラブルも目立ちやすくなるということですので、それまで以上にUVケアには気を遣う必要があるでしょう。

美白サプリを使えばシミは消えるのか

 

シミ対策に美白サプリを使う方は多いですが、効果が見られず使うのをやめてしまったという声もまた多く耳にするものです。有効成分がしっかり含まれている美白サプリは基本的にどれも色素を除去する効果が見込めるものですが、とはいえ色素が大量に固まっているシミがすぐに消えるかというとそれは別問題です。

 

美白サプリを使い始めてすぐシミが消える、あるいは目で見てわかるほど薄くなるということは現実的にほとんどあり得ないため、美白サプリはある程度の継続しようが必要になることを把握し、長い目で見ていかなければなりません。

 

美白サプリはすでに溜まってしまったメラニン色素を薄くしたり、排出する働きを促したりもしますが、この働きだけによってシミを消すことはほぼ不可能です。それほど強い成分はありませんし、肌への負担を考えると使用が認可されないでしょう。

 

そこで美白サプリには基本的にメラニン色素の新たな生成を抑える成分も含まれており、メラニン色素が少しずつターンオーバーで排出されながら薄くなっていくことを期待してデザインされています。

 

つまり、肌細胞が何度か生まれ変わるのを経る程度の期間はどうしても必要になります。若く肌が正常な人でもターンオーバー1周期で2〜30日はかかりますので、数ヶ月単位で効果を見守っていく必要があります。

 

どうしても効果があるのかないのかわからないという人は、定期的に肌をスマートフォンやカメラで撮影し見比べることで、本当に効果がないのか比較して確認することができます。

 

美白サプリランキングへ戻る

シミの原因を考える

シミの原因はいくつか考えられるのですが、その中で紫外線によってシミになってしまうということがとても多いです。多くの紫外線を浴びてしまうと、活性酸素が大量に作られてしまい、体が酸化します。これによって、がん細胞が繁殖してしまって、ガンになってしまうということもあるのです。

 

人間の体にはバリア機能があり、そのバリア機能によって紫外線を遮断しています。表皮には、細胞の一つであるメラノサイトといわれるものがあるのですが、このメラノサイトは紫外線を浴びるとメラニン色素を生み出します。このメラニン色素というのは、黒褐色になっているのですが、このメラニン色素が生成されることによって、真皮層にまで紫外線が及ばないようにすることができるのです。

 

メラニン色素はシミの原因として嫌われやすいのですが、メラニン色素があるから、紫外線から肌を守ることができているのです。

 

本来であれば、肌の細胞が新しく再生されることによって、肌の内部にあるメラニン色素も排出されることになります。ですが、紫外線を浴びすぎて、大量のメラニン色素が生成されてしまうと、肌に色素沈着をします。これがシミといわれるものなのです。紫外線以外にも、シミの原因になるものがいくつかあります。

 

年齢を重ねると、肌の新陳代謝も衰えることになります。すると、スムーズにメラニン色素を排出させることができなくなってしまい、シミができやすくなってしまうのです。

 

また、ニキビが潰れてしまったりすると、メラノサイトが刺激を感じることで、メラニン色素を生成してしまい、ニキビ跡がシミになってしまう場合もあります。

 

なおレモンやミカンのような柑橘類やパセリなどには、ソラーレンといわれる物質があります。このソラーレンを摂取しすぎた後に、紫外線による刺激を受けるとシミにある可能性が高くなってしまいます。このように、シミの原因はいくつもあるのです。

 

参考:しみ・そばかす消す化粧品と口コミランキング

更新履歴